30代 産後 ダイエット 方法

身体にやさしく負担をかけない30代産後ダイエットの方法

身体にやさしく負担をかけない30代産後ダイエットの方法

誰もが不要と思っている醜い脂肪は、
身体の弱い部分につきやすい仕組みを持っています。
特に出産をする女性にとっては、
お腹周りから下の部分で常温を保たなければいけない、
内臓を守らなきゃいけない部分につきやすい細胞です。

 

出産後お腹が出ている女性も少なくはありません。
確かに出産したのに、まだ妊娠してるみたいに
おなかのぽっこりで、へそ廻りが気になっていませんか?
30代産後ダイエットの方法は、20代でダイエットする方法と
比較すると体力的や精神的にも無理なダイエット方法は身体に
悪影響を及ぼすことにもなりかねません。

看護のお仕事の画像100

特に20代で初産、30代で2人目の出産をされた方は
20代のダイエット方法で、元に体型戻しが出来たかもしれませんが
加齢によって体内の新陳代謝機能も個人差があるにせよ
多少の衰えもあり太ると動きたくなくなる悪循環もありますので
諦めずに元の体型戻しに
成功するよう30代産後ダイエットを頑張りましょう!
無理なく、焦らない気持ちを持ったダイエットが痩せるコツにもなります。

産後ダイエットはいつから始めたらいいの?

一般的な産後ダイエットは、かかりつけの産婦人科の1ヵ月検診で
「特に母体に異常が無ければ軽い運動から徐々に始めていいでしょう」と
言われると思います。
ただし、ついつい産後ダイエットに集中し身体に負担のかかる行為は
禁物ですので注意してください。

骨盤矯正による下半身ダイエット

骨盤矯正によるダイエット方法も有効だとえいるのが、
下半身ダイエットです。
まったく自分では気が付かないうちに歪んでくるのが私たちの骨盤です。
多くの場合下半身太りの要因になるといいます。
片足に重心をかけたり、椅子に座って足を組むなど、
左右非対称の姿勢をする癖があるだけでも、
骨盤は少しずつ歪んでいきます。
老化や運動不足、子どもを産むことによっても骨盤の歪みは起きます。
下半身太りの原因になるのは、骨盤に歪みが起きると血のめぐりが悪くなり、
下半身に老廃物がたまりやすくなるからです。
下半身のむくみやセルライトは、
骨盤の歪みが関係していることもあるといいます。
下半身ダイエットには骨盤の矯正も効果があると言われています。
骨盤を支える靭帯や筋肉が、骨盤の歪みを矯正することで適性になります。
血液やリンパの流れが、神経や血管、リンパ管の位置が正しく治ることで
促されるのです。

全身の代謝がよくなり、ダイエット効果が得やすくなります。
骨盤を正しい位置に戻すためには、エステやカイロプラティック、
エクササイズや骨盤矯正用のクッションやガードルの利用などがおすすめです。
骨盤が歪んだままの状態でダイエットに取り組んでも、
下半身を引き締められずに上半身だけ痩せてしまうということもあります。
バランス取れたプロポーションを目指すならば、
骨格を正しい状態にすることです。
結果的に下半身のダイエットにもつながるといえます。

 

 

1ヶ月で10キロ痩せる